庄司こども医院|小児外来|アレルギー科|乳幼児健診|予防接種|育児相談|新潟県新潟市

qrcode.png
http://shoji-kodomo.jp/
モバイルサイトにアクセス!
庄司こども医院
〒950-0836
新潟県新潟市東区東中野山4-15-7
TEL.025-276-2243
ご予約専用電話番号
TEL.025-276-8122
021483
 

乳幼児健診

 

乳幼児健診

乳幼児健診
 
健診はすべて予約が必要です。受付にご連絡下さい。 
  
 新潟市の場合、乳児健診は3ヶ月健診と10ヶ月健診が個別健診で無料です。
無料券をお持ちになり、受付に提出して下さい。1歳を過ぎると無料券は使えません。
 1歳半、3歳は集団で健診が行われています。
 
  発達や発育の心配のある方、体重が順調に増加しているか気になる方は任意で、6,7か月健診、1歳児健診などを受けることができますので、受付にお知らせください。
 
 発達や発育を見る場合には、key monthと呼ばれている時期があります。
4ヶ月、7ヶ月、10ヶ月、1歳6ヶ月がそれにあたります。それぞれの時期にクリアーにするべき発達のチェックポイントがあり、判定するのにわかりやすい時期です。
 
3,4ヶ月健診
 予防接種についてお話しています。現在では、2ヵ月からヒブや肺炎球菌、ロタウイルスの予防接種が始まります。2か月になったらできるだけ早く始めます。生後3か月からはポリオと三種混合が一緒になった四種混合ワクチンが接種開始でその後BCGの接種も必要です。
 どのワクチンから始めたらよいか、接種間隔も複雑です。お母さんも戸惑うこともあると思います。その子にあった日程を考えてお話しています。首のすわりなどもチェックしています。
 今後の発達がスムーズにいくように起きている時のうつぶせ遊びや、立て抱きの指導を行っています。
 
6,7ヶ月健診
 運動の発達としておすわりの状態、周囲への関心などをチェックします。
動きが活発になるため、危険防止を強調しています。やけどやお風呂場での水おぼれ、事故なども増える時期です。タバコの誤飲、ボタン電池の誤飲などにも注意が必要です。
 
10ヶ月健診
 人見知りの有無や言葉に対する反応などがチェックされます。運動機能に関してはつかまり立ちができるようになっているかなどが問題です。この時期にわかる正常な発達のバリエーションとして、いざり這い(シャッフリングベイビー)が見つかることがあります。

1歳健診
 虫歯の予防、大きな事故、外での事故の防止などをお話しています。1歳からできる予防接種、麻疹・風疹、水痘、おたふくかぜ、ヒブ、肺炎球菌、4種混合の追加接種を勧めています。
 言葉の理解も進んできますので、本を読んであげたり、話しかけを頻繁にやるようお話しています。
最近問題となっているメディア接触の対応もお話しています。

 
いざり這い(シャッフリングベイビー)
 お座りまでの発育は正常です。抱っこをすると足をつかないで、空気中でおすわりの格好をすることがあります。足を床につけるのを嫌いますので、おすわり以後の発達が遅れて歩行開始が遅くなります。病気ではないので、1歳半から2歳頃までには歩行できるようになる児がほとんどです。
<<庄司こども医院>> 〒950-0836 新潟県新潟市東区東中野山4-15-7 TEL:025-276-2243 FAX:025-276-7618